鍼灸師の学校のカリキュラムとは?

鍼灸師の学校のカリキュラムとは?

鍼灸師の養成をおこなう大学や短期大学、専門学校で学ぶカリキュラムは、学校ごとに若干の違いはありますが、基本的な内容は同じです。たとえば3年制の場合、1年目では東洋医学も西洋医学も含めて医療の基礎を学び、鍼や灸についての基礎知識を身につけ実技も体験します。2年目にはさらに専門的な知識を学び、実技では症状に応じた治療法の判断や施術など、より臨床に即した実践的な対応力をつけていきます。1年目2年目の実技の授業はクラスメイトとペアになり、お互いに施術しあうような形でおこなわれることが多いですが、一部2年目から現場実習がある学校もあります。3年目には全般的な医学に加え、関係法規など仕事をしていくうえで必要な知識も身につけ、実技では実際の現場での実習などが増えていきます。さらに鍼灸師免許の国家試験対策として試験範囲の復習の授業などがおこなわれ、確認テストや模擬試験などを繰り返して試験合格を目指します。

鍼灸師になるためにはカリキュラムもチェックして授業を受けよう

今東洋医学が注目されていますし、東洋美容のジャンルにおいては美容鍼なども人気です。鍼灸師になる事で手に職となりますし、自分でいずれ鍼灸院を開くことも出来るでしょう。慢性的な痛みから様々な所の痛みに対応できたり、美容関係でも効果がありますので修得する事をお勧めします。一般的な鍼灸師の授業だけではなく、カリキュラムを見てみますと美容鍼の専門知識を学ぶことが出来る学校も有ります。やはりポイントは将来的に何を目指すかということもあるかもしれませんが、将来選択できる選択肢の幅を広く持ちたいという事で最初から幅広く取っておくこともお勧めです。学費の安さだけで決めることなく、トータル的に考えて選んでいく事をお勧めします。授業の内容はサイトでも確認出来ますが、口コミ評判なども参考にして選ぶとより満足度も高くなる傾向が在ります。選び方のポイントを押さえて学校選びを行っていくことが大事ですし、情報リサーチからです。